僕は、僕を書いていませんでした。
詫びも感謝も御座いません。

何かを書き続けたいという気持ちだけは、あります。