引きこもり放談

ゴリゴリの引きこもりだった人がやっている内向的さ溢るるブログ。ラジオが好き。

方向性を見失った散らかりブログ。

ももこの姉、さくらさきこはヒデキが好きで。
わたしは「ちびまる子ちゃん」が好きで。漫画もアニメも両方好きで。
だからヒデキやヒデキの曲に馴染みがある。

今日は木曜日。木曜の午後は、家でカレーをこしらえながらラジオを聴くのがお決まり。
ラジオで西城秀樹さんの訃報をきく。
その後はやはり、有名カバー曲「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」が流れる。
それがラジオ。良いラジオ。

玉ねぎを2つも切ると目が痛い。だからインターバルが必要だ。
石鹸で手を洗い、点眼し、立ったり座ったり。
所在なげなひと時にあの曲が流れ出したらそれはもう、無意識に両手を動かしちゃったりするわけで。
「右側にやったら、向こうからは「C」に見えねえよ」って照れ笑うアホになり。

面識のないどっか遠くの凡人(わたし)の身体がYMCAを覚えている。
これはとても素敵なことだ。
西城秀樹さんは、生きたから死んだ。それを多くの人が知っていて。
これから先も、時々思い出したりするかもしれない。
デッカイ生き方をしはったんやな。
ただそんな風に感じた。
感じただけやけど、これがどれほど偉大なことか。

死に様は生き様だという。わたしの死に様はどんなでしょうか。
故人にかける言葉に対し、その知る全てが相応しくおもえないのは、わたしが幼稚だからでしょうか。「もしもし(申す申す)」と一緒ですか。否定したいわけじゃない。なんか違っておかしい。嫌だ。この気持ちはなんですか。
こんなことを口に出せば、きっとまた笑われる。疎まれる。叱られるかもしれない。返す言葉を知らない。だから静かに考える。
3人称の死を知るたびに、考える。わからんことを考える。意味なんかなくていいとさえ。

わたしの死も必ず来る。
その時に1人でも(放談さん亡くなりはったんか、ちょっとさみしいな)って感じてくれる人がいたらええな、
(死んだらこの人に伝えてもらえるように準備しておこう)って思えるような人に出会えたら、もう出会ってるんやとしたら…それは最高やな、
「出会えへんくても、出会えたとて関係を紡ぐことができなくても、それが人生の良し悪しを決める全てではないんやで」って
「だからと言って、人を傷つけていいわけじゃないんやで、それは違うんやで」って、
堂々と口に出せるような、その言葉が相応しそうな人間になってから死にたい、とか、
いや相応しいってなんやねん(働け)、とか。

ちっちゃそうで意外とデッカく難しい、そんな夢をみながら眠ります。
おやすみなさい。

(暑くなるとイロイロトアレだし試験もあるからしばらく来ないけど)また来ます。
今日も生きていました。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

少しずつでも出来ることが増えているからそれでいい、止まってもいいから戻るな、そう言い聞かせている。
大丈夫。自分で自分を食わせる、そういう生活を手に入れる日はちゃんと来る。面倒でも苦しくても、他者からみた自分と向き合うことから逃げなければ。
責めすぎても許しすぎても崩れていくから注意。
どうせなら愉快であれ。
喜怒哀楽を感じる力が強くなったのは、心が外を向いている証拠。良いこと。

とかダラダラ並べて誤魔化して、この一連の心の作業、毎度毎度毎度毎度毎度
すげえ馬鹿馬鹿しい。こうやって書き出すわたしは弱い。クソ。しょうもない。人に見せてなにしたいんかって。面倒。黙って傷ついとけよ。こんなしょうもないことで糸切れてんちゃうぞお前。ださいぞ。安い人間。心が不健康過ぎて引いちゃう。こういう状態の人間めっちゃ嫌い。

かなしみや苦しみを簡単に吐露する人間は美しくない。今日の自分嫌い。顔は常時ブス。
細々と積んでいってたものを1から10までダダダと話してしまいたくなるから、友達もKもいなくてよかった。ことにしておく。

考えることをやめてしまいたい。
あほだから、いつも簡単に「生きていてよいのだろうか」に辿り着いてしまう。すごくあほ。
そんなことを考えるたびに己の魂が値下がりしてゆくのではないか、このままでは魂すら売れなくなるのでは、とか考えているのもあほ。
こんなんじゃなくなる為に考えなきゃならんくて、
考えるのをやめる方法を考えなきゃならんくて、めんどくせ。
急にあらわれて、なんか暗くて、わけがわからなくてごめん。

今日のハイライトは、開けたつもりの便座の蓋上でうんこを出しはじめた瞬間です。出始めたうんこって止める方法あるんですか。
尻以上に蓋(の上)めっちゃ拭きましたけど、まだ菌は付着しているでしょうね。菌が飛び散らないように閉める蓋(の上)が汚染されているなんて。
便座ダイブの直前に、蓋を開ける動作はしたんですけど、あれはなんやったんでしょうか。幻でしょうか。
こうしている間にも、洗ってもなお手に残留していると思しきうんこ菌が、キーボード上で踊り狂っている気がしてなりません。汚ね。



スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ