引きこもり放談

30代間近の働けない引きこもりが、この生活を脱出するために色々やってみるブログ。わたしにも出来ることがあると思うんでね、色んなことをやってみたり書いてみたりします。時々ふざけたくなります。生きがいはラジオです。 脱引き訓練のリアルタイム更新は、諦めました。(もう、追いつけやしないから。)

2017年03月

わたしは疲れとる。カラダさんが疲れとる。蓄積のやつ。

”引きこもりを辞めよう” そう決めた直後よりも、日々のハードルは下がっているはずなのに。
保ちながら進むってのは、難しい。

「しんどい」「しんどい」をまき散らすのは、好きじゃない。
ある日を境に、そんな自分が嫌になった。それをやめる努力をした。
わざわざ言葉にすることで、自分にも周りにも負担がかかるから。
けれどもわざわざ書いておく。
このブログは、わたしの引きこもり記録を書く場所なので。すまんな。

今回は惰性で記録している。

今回のわたしは、モノ・グサオなのだよ。
別に誰にも強制されてないんやがね。
継続は力なり。へへへい。


2017/3月 ざっくり

3月前半

  • 母と外食(ファミリーレストラン)
  • 無印良品でお買い物
  • 今春始まるやつの準備
  • アルバイト休まず
  • お尻元気

3月中頃

  • 集中力散漫
  • 散歩イヤイヤ期到来
  • 冒険する
  • アルバイト休まず
  • お尻元気

3月後半

  • アルバイトと家事(と母と外食1回)以外はとにかくボ――――――――――――――っとするようにした。
    ラジオを聴きながら寝ていた。
    カラダが疲れている時は、余計なことを考えない努力をする。これ大事。

  • "スーパー行くの、こわい期"到来。行くけど。
    家を出るまでにまあまあ時間がかかる。
  • 凡ミスに安堵
  • アルバイト休まず
  • お尻元気

2017/3月 目標(願望)達成状況

引きこもり脱出に関して

  • 続:短期アルバイトを休まない
    • 無遅刻・無欠勤
  • △×△資格のお勉強をちゃんとやる
    • テキストがとてもきれい
  • 太陽の光を浴びる
    • ギリ週3
  • ×映画館行きたい
    • 映画館行きたいまま

ブログ運営に関して

気まぐれ更新。満足している。
木曜日、謎の義務を課し始めた。
↓PC表示推奨。
決まった用事があるのは嬉しくて楽しいことだ。今のところ需要なさそうやが。


心境の変化みたいなやつをタラタラ

停滞期のようだ。
”また完全に引きこもってしまうのではないか”という、退化の恐怖がないわけではない。
けれども、大きな不安もない。
ブログを始めてから半年。この間、大きなジャンプが多々あった。
誰かが見ていてくれることを実感し、勇気が湧いたからだ。
今は歩幅が少し狭くなっているだけなのだ。そういう時もあるのだ。
とかなんとか考えるようにしている。
とにかく優先順位を間違えないように過ごせばいいだけや、と気楽に過ごしている。
アルバイトは行く。他のことは焦らない。
臨機応変。

2度目の失敗はない。前回とは覚悟が違う。今のわたしなら大丈夫。
ただ漠然とわたしがわたしを信じてくれているような、そんな気がしているから。
この気持ちが他者に伝わるもんなのかは、知らんが。


お気に入りだから

そもそもわたしは前髪ぱっつんではない。
最早、似顔絵でもなんでもない絵。それも含めてお気に入り。


2017/4月のゆるい目標(ほぼ願望)

  • 短期アルバイトを休まない(4月も来ていいってさ)
  • 勉強
  • 今春始めることを始めてしまう(カラダが慣れたら書くかもしれん)
  • 無理して外出をしなくてもいい
  • あれ買う

埋まっていくだけのネタ帳(やっぱり、それはきっと良いこと…)

  • 旅費
  • 念願のブツ
  • 迷子2
  • 入浴剤いただくの巻
  • 茶しばく
  • べローン
  • 美しいままのテキスト
  • トイレとわたし(ヘソの下)
  • 改編期
  • 凡ミス
  • 100円贅沢したけれど
  • 手続きが完了してしまったけれども
  • あれ買った

まとめきれず

なんやかんやで短期アルバイト無遅刻無欠勤のわたし、よい子。
当たり前のことだが。
遅れない+休まないが2ヶ月も続くのは、小学校低学年の時以来だ。(どんだけダラシナイ人間なんや)


最後にタラタラ

Googleアナリティクスでは、ブログ訪問者の属性やらなんやらを確認することが出来る。
このブログの訪問者は、リピーターが多い。

運営者がこんなことを言うのもなんだが、
どうしてこんなブログを追いかけてくれている人がいるのか、わたしにはわからん。
わたしは、こんな一方的でつまらんブログに興味を持たないからだ。話なげえし。
読者さんとの交流を極端に控えているところも ”こいつ、なんやねん” って思うかもしれない。

カラダは疲れとるが、心(とお尻)は元気。
わたしがそんな感じでいられるのは、奇特な読者さんたちの存在が大きいのだろうと感じている。
いつも来てくれてありがとう。あと、わたしを見つけてくれてありがとう。
照れくさいけれども、言いたいことを言う。

時々でいいから、フラっと寄ってくだせい。
また来る。

万歩計の歩数グラフ、スキャンして貼るのがメンドクサカッ太郎。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

冷凍庫に、アイスクリームがあるではないか。

わたしは、甘いものがそんなに好きではない。
ただ、ごくたまーにアイスクリームを欲す。
先週、なんとなく欲し、なんとなく買い、そのまま忘れてしまっていたアイスクリーム。
あの時買ったアイスクリームがあるではないか。

昨晩、風呂に入らず眠ってしまった。
カラダ全体がオイリーなわたし。
カラダオイリーは心に影響を及ぼす。
心もベトベト。ココロオイリーさん参上中なのだ。

こりゃあイカン。
ココロオイリーな日は、食っちゃあ寝てしまうのだ。
このまま食ったら、即寝るぞ。
無駄に太るぞ。

心もカラダもサッパリしてからアイスタイムにするぞ。
そのほうが気分良く食せるはずだ。
そう意気込むわたし。

風呂、入るぞ。

「アイス」「アイス」「アイスクリーム」

アイスクリームのことばかり考えながら、じゃぶじゃぶした。

あれから数時間経つ。
髪を乾かし、サッパリした。気分が良くなった。
気分が良くなったから、外で振込の用事を済ませてきた。

そんで、今。






アイスの気分じゃない。

次に君を愛す(アイス)のはいつだろう。←おい、サムイぞ


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

母はわたしに激甘だ。
このブログを始めた頃から、わたしに何も言わなくなった。
話すこと以外は無理に知ろうとしなくなった。
信用とか安心とか、そんな気持ちをもってくれるようになったから、放っておいてくれるのだろうか。
いいように解釈している。

母はわたしに激甘だ。
今年貯めようとしている10万円も、頼めば出してくれるだろう。
今までも返しきれないほどの無駄金を使わせているのにも関わらず。
現に、春から始めるあることの為に ”洋服を買ってあげようか” と言う母。
「要らないよ」
わたしはそれを断った。

それじゃあアカンのだ。
わたしは今変わらなあかんし、変わりたい、変われそうなのだ。
わたしが気を確かにもっていなければ、母がいなくなった後、生きていけなくなる。

わたしはとても恵まれた引きこもりだ。
他の引きこもりの皆に申し訳なくなるほどに恵まれている。
このような状況を勝ち取ったのは 「"正直に思いを伝え、変わろうとする自分を見せる" ことをしたから」ではあるのだが、それにしても恵まれすぎている。
わたしは恥ずかしいやつなんだ。

激甘暮らしには、皆とは別の意味での恐怖がある。
心を磨き震わし続けなければすぐダメになる。のが見えている。ああ、こわい。

1日だけの単発アルバイトに行く前、
母に「これでもらうお金は使うあてがあるから見逃してもらえるやろうか?」と聞いた。
母は「今のあなたが得るお金は、命を削る思いで稼ぐ大切なお金。長期のお仕事に就いたら生活費を3万円くらいは家に入れてね。それまでに得たお金は自分で好きに使っていい。」と言う。
あんた仏かよ。

そう言ってくれているのだが…うん。うん…。
働いて稼ぐお金は全部命を削って得たものだろう?
わたしが稼ぐお金だけが特別なわけじゃないだろう?
だからモヤモヤしていたのだ。

けれども、今のわたしには毎月3万円を家に入れながら暮らす余裕はないわけで。
次に進むためのお金がたくさん必要なわけで。
先なんてハッキリと見えないわけで。

もう1度だけ、確認しておくことにした
前に言ってくれたことに甘えていいのかと。
わたしはそのつもりでいるぞと。わたしのやれるペースでしか動けないぞと。
ありがたいが、本当に、本当にそれでいいのかと。母に聞いた。
母はそれでいいと言ってくれた。

おそろしい環境に身を置いてしまっていることを再認識した。
フリーダム。「自由は不自由の始まりだ」と言い出したのは誰だろう。
吉と出るか凶と出るか。人生はギャンブルなのだ。
ヒリヒリする。
色んな人のせいにして引きこもり、人生を放棄していた時よりも、今のほうがヒリヒリする。
生きるために生きていくことを選んでからのほうが、行く末おそろしい。

母の選択が間違いではなかったと身をもって証明することが出来るのであろうか。
これはわたしの呼吸がとまったあとにしかわからないことだ。
やるしかないし、やってみせようぞ。乞うご期待。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

昔の職場の常連客に脅迫される夢をみた。
相手はあのおっさんである。
店の定休日に店員を束ねてご飯に連れて行ってくれるような、寂しがり屋のおっさん。
その職場を辞めてからは、おっさんとの付き合いはない。

わたしはおっさんがこわかった。
こわいけど好き。わたしにとって、おっさんはそんな人。
おっさんはお喋り好きで人懐っこく、お茶目な人だった。
ただ、人生の背景が一切見えないのだ。
真っ白でないことだけは、聞かなくともわかった。
おっさんの孤独は底なしのようにみえた。
周りは皆 ”この人は、ただ寂しいんだろうな” と感じていたから、嫌がらずにおっさんと付き合っていたのだろう。

夢の中ではおっさんとふたりきり。
夢の中のわたしは、以前からおっさんと深い付き合いをしている様子だった。
わたしはそのおっさんに何かしらの秘密を握られてしまったようだ。
親切なおっさんは、その秘密をたった40万円で黙っておいてくれるらしい。

(そうそうないことだが、)わたしは人の悪意に触れる際、騙されているフリをするようにしている。
夢の中のわたしもそうしていた。
夢の中にもわたしの財政難は反映されていて、
「今はそんなにお金持ってないんですけど」と支払い計画を話していた。
一銭も払う気はないが、一人で解決する自信もなかった。
一度払ったら、永遠に払うことになるのだ。ああ、こわい。
結局払うことになるのだろうか。
困ったわたしは、後で警察に行くつもりだった。

ゴチャゴチャと考えているわたしの前から、おっさんがいなくなった。突然。
あの(刑事には見えないこわい)人たちから逃げるお金が欲しかったのかもしれない。
正直に話してくれたら、渡したのに。銀行に4万6千円あったのに。

もう二度と会うことはないだろう。そんな気がした。
恐喝をし損ねたおっさんの背中は、いつもより少しだけ小さく見えた。

と思う。
目が覚める前に安堵した記憶があるから。

40万円浮いた。





おっさんと ウシジマくん 必ずセットで 思い出す






P.S わたし様

君は "占いは娯楽" という結論に達したようですね。
なんとなく気になって、夢占いというもので調べて差し上げました。
夢占いで「脅迫」中心に調べると、君は精神的にキテイルそうです。

しつこく言うと君は嫌がるでしょう。よく知っています。
ただ、くれぐれも無理をし過ぎないように。
逃げられない戦いもあるでしょうが、日々の限界値を超えないよう、気をつけましょう。
小さな一歩を続けることで、大きな変化に繋がるのです。
今更焦らなくても大丈夫です。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

数年前、物を処分しまくった
引きこもりに文房具なんてものは不要。
わたしはお勉強なんてしないやつなんだからさ。

水性ボールペン油性ボールペン、マジック、赤サインペンで事足りていたのさ。(オークション発送もこれでバッチリ)

このブログを始めてから、少しだけ文房具が増えた。

漫画をかくための鉛筆と消しゴム、あとは漫画初心者用のお試しペンセット、100円ショップの修正ペンと筆ペン、墨汁。

それらを入れておく瓶。鮭ほぐしが入っていたやつ。美味しかったやつ。

シャープペンシルがないよ。
鉛筆は折れたら終わりやろ!資格試験中にゴリゴリ鉛筆削るんか!迷惑やろ!

短期アルバイト、2月の勤務が無事終了した。
お給料は毎週振り込まれていたのだが、3月になるまで我慢していた。
なんとなく。なんとなくだ。

ワクワクのお買い物デーがやってきた。
前日の睡眠時間は8時間。体調は万全だ。

無印良品で、シャープペンとペンケースを購入したのだよ。

公式サイトで商品は決定済み&ファミリーマートでシャープペンの書き心地チェック済み。
「じゃあファミリーマートで買えよ」は禁句。
あの!お洒落な!無印良品の!お店で!お買い物する!ことが!重要なの!

引きこもり期以降2度目の無印良品入店。
前回は昨年末。過度に緊張していたせいなのか、すでに記憶が薄い。
結局、欲しい商品を一部しか買えずに退店したのだ。お買い物チャレンジ失敗である。
あの時他に何が欲しかったのか、そんなことはもう忘れちまおう。

お洒落なお店は緊張するのだよ。
お洒落やんか。無印良品って。引きこもる前から、あのお店は苦手。
店員さんもお客さんも、なんかお洒落やんか。
色んな太さのボーダーを着こなしているじゃあないか。
シワシワやのになんかコギレイっていう、魔訶不思議なシャツを着こなしているじゃあないか。
(あれ、どういうことやねん)

恐れ多いよ…。

なにがどう違うのか説明するのは難しいな。
とにかく、無印良品に行くことはホームセンターに行くほど気軽なことではないのだよ。
圧倒的無機質感を誇る無印良品でお買い物するのは、今のわたしにとって大冒険なのだよ。

入店後は文房具エリア直行。2商品を確保し、お会計。
サササと退店。
気が付けば、いつも通りの汗だくボディ。下界の自然風が気持ちいいぜ。

戦利品のペンケースとシャープペン



アクリルシャープペン エアーグリップ付・0.5

グリップ付きのシャープペンシルで税込252円、そしてシンプル。



ポリプロピレンペンケース(横型) 大・約184×64×25mm

ペンケースは3種類あって迷ったが、真ん中のサイズを選んだ。大きすぎず小さすぎないやつ。
税込263円

2つで税込515円。お安いね。

シンプルが良い。
柄物(絵・メッセージ入)が身の回りにあると、気が散って仕方がない。
特に「LOVE」とか「SMILE」とか書いてあるやつ、あれ、ダメなんだ…。
キイイイイイイイイイイイイイエエエエエエエエエ (だからなんやねん) !!!って、延々と考えてしまう。

無地が良い。
安値でわたしを満たしてくれる無印良品は素晴らしいね。ありがたいね。

カラーペンとかも沢山売っていたが、呼吸の乱れを感じたので物色を断念。
文房具を買うだけで一苦労。慣れない場所はさらに消耗する。

公式サイトで色を選んでから、またサササと買いに行くつもりである。
無印良品の文房具は、直営ネットショップやLOHACOでも購入することが出来る。便利だ。
が、わざわざ出掛けてお買い物をする。練習大事。慣れるの大事。

ターコイズブルーっぽいカラーペンが気になっている。綺麗な色だ。
今度はいつ行けるかなあ。
シャープペンの芯を買い忘れたよ。早めに買いに行かなきゃあ。

アラサーがしみじみと言うことではないんだろうが、自分で働いたお金で欲しいものを選んで買うってのは、やっぱりいいもんだね。
とても嬉しいことなんだね。

同世代は「マンションか」「戸建てか」みたいな選択をしているのだろうな。
文房具て。カラーペンを選びながら嬉しがっているわたしって…。
いや、チャーミングなアラサーだということにしておいてくれよ。”日常を噛みしめる才能がある”ということで。な。

ちなみに、まだ資格試験のお勉強は始まっていないよ。
おNEWの文房具をただただ眺めているだけだよ。
形から入るタイプなのだよ。

そろそろ机に向かうよ。物は使ってこそ生きるのだよ。
じゃあまたね。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ