引きこもり放談

ゴリゴリの引きこもりだった人がやっている内向的さ溢るるブログ。ラジオが好き。

カテゴリ: 散文

   → くさじる
   → ニュアンスノベル それっぽいだけでなにも書いてない400字小説
   → さんがつじゅうごにちはれ(300字)
   → お食事中に読んだらあかんうんこのやつ
   → 渇望漫談(700字)


30年くらい生きている。
またくさじる()に出会ってしまった。

1度目は4年ほど前。食品の宅配サービスを利用していた時期のこと。
某プライベートブランドのにんじんジューズが我がの口鼻に合わず
「こんなもん売るな」と憤怒。
もちろん黙って震えていただけである。

2度目があるとは思わなんだ。
あのくさじるのことも、とうに忘れていたのだ。今日まで。

某プライベートブランドのグリーンスムージー。
カップに付属のストローを挿し、ちょっと横に振ってから飲む。
汁が口に入る直前、小動物臭が。
行きつけのホームセンターにある、鳥ウサギ亀コーナーと同じ臭いがする。
これは、くさじる。

「ゔわ」と思ったところで時すでに遅し。
我がになだれ込むくさじる。
こうなれば食感はありがた迷惑。サクサク。つぶつぶ。
悪寒が走る。もう結構です、甘味の後追いは。

「これは本当にくさじるなのか」「また嫌うしかないのか」
と何度も確認してしまう馬鹿。
最終的に、ハムスターの飼育臭に近いものが鼻を突く。
これは、まごうことなき くさじる。

この世からくさじるを無くすより、我がの好き嫌いを無くすほうが早い。
心身を奮わせながら完飲。





ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

骨壺を抱えたまま海に沈んでしまいたい、そう思いながら目覚めた。
5月も半ばになるというのに、僕はまだ毛布を手放せずにいる。
多香子さんは、どうして最期にあんな顔を見せに来たのだろう。
僕は考えない。考えてもわからないのだから。

昨夜遅く、多香子さんに会いたいという衝動に駆られた僕は、古いアルバムを眺めた。
いつでも手に入ると高を括っていた多香子さんの笑顔は、この場所にも残らなかった。
丑三つ時の流水音は(おそ)ろしい。何度聞いても慣れない。

この世の終わりに何があるとしても、それは僕に関係のないことだ。
僕に関係のある話なんて、どこにあるのだろうか。
「その虚しい思い巡らしの中に、あなたの不幸因子が潜んでいるのよ。」
多香子さんも、話を複雑にしたがる人なのだ。

僕はいつも週末にのみこまれ、本当に疲れてしまう。

始業時間まであと21分。
早く会社に「今週は背中が痛い」と電話をしなければならないのに、充電器を探す気力もない。







ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote



っこだけ軸にして極めようとしたらなんか宗教観凄まじいじゃないすか、
俺帰ってこれへんくなるんちゃう?とか
帰り道のこと考えだしたらもう集中力完全に切れてますよ。



いくつか選んでいいとこどりみたいなの阿保になるじゃないすか踊る前に飽きてるじゃないすか。
いや怒らんといてくださいよ、どっちに怒ってるんすか。


ほんまこれどうしたらええんかなて。
どうしたらええんかなってめっちゃザックリ人に聞くっていうか投げつけてくるやつはどれもやらんしその時点で心の中に何も残ってないんすよ。


絶対かどうかは知らないっす、腹立ったんやったら今すぐやればええんちゃいますか
って心の中のミサワと揉めたんが今日1番の無駄でした。





ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今日うんこしてたんすよ。
昨日出てないからね、出そうな時の腹の痛みがね、

いやまじで痛いんすよ。

強いんすよ、どこが1番痛いか考えてもわからんやつですよ。


トイレ行くでしょ? 座るでしょ、
すぐ出るわけちゃうんすよ痛いんすよ。
胃ィやぶれてるんちゃうかなってそんなわけないんすけどお前胃の場所どこか知っとるんか今痛いん背中らへんやんけヘヘヘって思いながら


痛いんすよ。

手持無沙汰なんすよなんも持ってきてないし痛いだけの時間

いやいつもなんも持って行かないすけどね、大腸菌なめてたらいかんすよ。



ーそっちの舐めるとは違うんでハイ


でね、痛い痛いも終わるんすよ、一応穴開いてますから出るんすよ。


痛いところがズズーと下りて行って尻がムズムズするじゃないですか?

あーーーーさようなら痛い痛いさようならの時ですよ。

俺そん時ね、
腸ってどうなってんの?なんでうんこでるん?て思ったんすよ。


今までも考えはしましたけどね、何回も考えるだけですけどねなんにも欲してないですけどね今も

胃から腸そんで尻穴はストーン!ちゃうじゃないすか、なんでうんこでるんグルグルグルグル回ってどん!でしょ、
めっちゃ不思議じゃないすかいや理屈はわかるんすよ人間のカラダは循環してるんす、そういう機能があるんすそうやってどっかに書いてあったっ。



うんこはもう終わり終わりじゃないけど俺うんこ出たし紙もギリギリ足りました、ね。

ほんであれ見てみたんすよ。

だいぶ前にAmazonで電子書籍100円セールかなんかやってた時にカラダの解説本みたいなん買ったんすよ。

そうそうそうそ人体模型のやつ。
俺あれ好きなんすよ、なんも覚えないんすけどね見るんすよ。

なんも覚える気ないのにただ見るんすよ、おもんないんすよ気持ち悪いだけやのに見るんすよ
「なんかの参考になるかもしれんな」って思て買うたんすけどどう考えても俺の人生に人体の不思議関係ないでって思いながら見るんすよ

やっぱり腸グルグルなんすよグルグルグルグルグルグルグルグルグルぐらいなんすよ。
いつ見ても気持ち悪いんすよ腸は。
ほんで、あれ腸って何メートルあんのやったっけって気になりはするんすけどやっぱどうでもいいんすよ。


人間ってなんで生きてるんすかねおもしろいっすね俺ウォシュレットこわいんすよ_







編集うん記
いつもお世話になっているフリーの写真素材サイト”足成”さんで、今回もアイキャッチ画像をお借りしようとしましたが、
「うんこ」「うんち」「便」
その全て検索結果0件でした。
すごく困りましたが、「トイレ」で良い便座写真を見つけ事なきを得ました。
あれドバイのシャワー付きトイレみたいです。(放談)



ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

生きることを死ぬまでやる。それが人生。
どうやって生きていくつもりなのか、それがいまだにわからない。
その恥と共に生きる。
自分のことくらいは守れるようになってから天寿を迎えたい。
だから次は?次はどうする。
欲しいわたしを必ず手に入れる。そうであれ。

よくわからないけど、どっかが強く唸っていて身体ごとビリビリに破れそう。
だから少し吐き漏らす。
ほんまに意味わからん。
なんやこれ。

良い迷いの中でたたずみ暮れていることだけはわかる。
目の前に”渇望”と記された扉があって、振り向けば”自分不信”の扉。
わたしは覚悟もせず自分不信の扉に鍵をかけ、つい飲み込んでしまって。
もう戻れないし、戻らない。

この先は一方通行。
最後の扉はどこだ。
そんなに遠くじゃない。
ただ、目の前の扉が開かない。
無理やり開ける?どうする?待つ、とは?
扉の向こうにいるお前は誰だ?きっと明日のわたしだ。
良い迷い。大丈夫。

わたしが大丈夫なんだから、お前も大丈夫。
勝手気ままな孤独屋でいい。それが1番戦いやすいんだろ。
誰もお前の心を守ってはくれないが、誰もお前を邪魔しない。
誰彼構わず許しを乞うな。世間の声は正しい。
間違っているのは、わたしたちの方だ。

お前はわたしが許す。お前もわたしを許せ。生きろ。
「ふつう」が何かなんて考えるのはもうやめろ。
1つ選べ。それに命を使え。勿体ぶるな。迷うな。そんな高尚な命じゃない。
お前はもう選んだ。楽になれ。
お前はただ生きているだけでいい、恐怖はわたしが背負う。
わたしたちは、そういう開き直り方をしよう。
覚悟する。だから扉を開けてみろ。








…思想つよっ('Д')コワっ('Д')ポエミー('Д')


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ