引きこもり放談

30代間近の働けない引きこもりが、この生活を脱出するために色々やってみるブログ。わたしにも出来ることがあると思うんでね、色んなことをやってみたり書いてみたりします。時々ふざけたくなります。生きがいはラジオです。 脱引き訓練のリアルタイム更新は、諦めました。(もう、追いつけやしないから。)

カテゴリ: その他

   → 金があっても手に入らないのが眼鏡
   → 去年よりはマシ
   → 喜びの濃度を上げたかったのだ
   → 白雪のような肌を持つ人が書いた日記
   → いなり寿司の作り方をおぼえながら、母を思った。


わたしは、頭と性格と歯並びと目が悪い。
顔についてだが、自分では下の上(ギリギリ並)だと思っている。
しかし、このような自覚がある場合、大抵はただのブスなのだそう。辛辣だね。
顔のことはよけておいてと。そう言えば足も短い。

目は唯一物理的に安値で簡易矯正をすることが可能。
そう、眼鏡さえあればね。

中学卒業後、みるみるうちに落ちていく視力。
眼鏡デビューだ。
それ以来、面白いほどに落ちていく視力に悩まされている。
没頭タイムに入ると何時間も(おそらく何十時間でも)同じことを続けてしまうわたし。
基本的にそれが細かい作業だったりするから、まあそら悪なるわなという話。

完全引きこもり生活中にガクンと下がった我が視力。
布団の横にPCを置いて「芸人同棲」を延々と見ていたりしたもんな。部屋を真っ暗にしてさ。
まあそら悪なるわなという話。
確か芸人同棲セカンドシーズン開始直後だったはず。ポニー福元さんが面白くて面白くて。
芸人同棲(ポニー氏)に全く罪は無く余分な話ではあるが、記憶残しのために書いておく。

ああそろそろどうしよう、外に出なあかんかなあ。
ああどうしよう、どうしようと思っているところで
「パキ」
これが数年前に起こった眼鏡事変ですわ。踏んだ。
幸い、テンプル(耳にかける横の棒)が折れただけ。
しばらくはテープをグルグル巻きにして使っていたわけですよ。
もう限界や、でも外出られへん。

検索すると、あるもんだ。いい通販サービスが。
使用中の眼鏡を送れば、それと同じ度数で眼鏡を作って貰えるんですって。
その後3か月とか半年の間に来店すれば、レンズ変更が無料なんですって。
すぐさま破損した眼鏡を送りつけてやりましたよ。集荷サービスを利用して。
「もう少し先なら来店できるはず、外に出られるはず」

で、今ですわ。
何年経ったと思ってますの、あなた。
新品の時から度が合っていない眼鏡(1番安いのにした・ダサい)
鼻周りとかの調節もしてもらっていない(当たり前・ダサい)

嫌なんだよ。眼鏡屋が。
2度行ったんだよ、頑張ったんだよ。
でもこわいんだよ。
眼鏡を受け取るまでに、めっちゃ喋らなあかんやん。
あと、眼球の力を調べるみたいなあれ、何?
パスッ って風が出る機械ね、
こわいねん。
わたしは!先端恐怖症なの!勢いよく向かってくるものだって「先」とみなすの!
こ!わ!い!の!
もう、熱気球さえ恐ろしいものに感じてしまう。誰か分かってくれ。

「お探しですか~♪」
「あ、あの…今日は時間がないんで下見に…」
お前この街で1番暇やろ

テクテクテク
(あ…無理…)
ブー――――ン(眼鏡の洗浄機を初体験)
ぴっかぴかになった。嬉しかった。

度が合わない眼鏡をかけ続けることで、さらに低下する視力。
もう限界や、次の給料日には必ず買いに行こうぞ。
もう限界や。大丈夫、今は少々高い眼鏡だって買えるぞ、小遣いはあるぞ。

そう思ったのが、桜散る頃。
また給料日が来る。






コンタクトはもちろん無理。
毎日眼球に指突き付けるとか眼球つまむとか無理。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

更新が途絶えてすみません。
って、謝る必要はないと言ってくださるとは思うのですが、定期的に覗いてくれている方が数名いるようで。
申し訳ないなぁと思いながらも、なんやかんやで放置していました。
あと、好きなラジオの記録ページも更新出来ていないので。
最近ラジオをじっくり聞くってのが難しくなっています。
数年に1度のペースでそういう時期があります。どうしようもねえ。
ちょっと今後どうするつもりなのか、自分でもよくわかりません。
また放置するのでしょう。
なんか、無責任なやつですんません(鼻ほじほじ)。

なぜかまだ同じところでアルバイトをしています。
相変わらず短時間で週3日程度ですが。
わたしが来るものとしてシフトが組まれているので、シレーっ通い続けています。
いつかは辞めなければ人生の設計図が…とは思いながらも、毎週通っています。
”きっちり丁寧にやらなければならない”職場なので、居心地がいいです。
あてにされる喜びも多少はありまして。
もう短期アルバイトではなくなったんだと思います、はい。

   

引きこもって以来無縁だった海を見に行こうかなあと考えながら医者通い。
歯科と皮膚科に通っています。
他にも気になるところがあるので、自分のペースで病院を開拓しようと思っています。
ずっと気になっていたところが少しずつ治っていくのは嬉しいです。
外に出られなかった時は、気になるところがあっても、見て見ぬふりだったので。
正直言うと、こわかったです。
診せないと何がどうなってんのかわからないでしょう、自分の身体のことなのに。
それよりも外に出て誰かに会うのがこわかったんだなあと。
今もこわいけれども、前よりは調子がいいんだなあと。
妙な言い方かもしれませんが、心の膿が少しずつ出ていく感じなのです。

入れるお店が増えました。
雑貨屋さんとか、そういうお店。
入れないお店もあるから、基準はナゾです(笑)。

洋服はユニクロで何枚か調達。
ビーチサンダルとか、水に強い日焼け止めを買いました。
あ、生まれて初めて日傘を買いました。
いや、水着は着ません・買いません。
ひとりで早朝か夕方にふらっと行きたいなと思って。
はい、頑張って電車で行きます。随分遠いけど、たぶん大丈夫。
引きこもる前から夏の外出は断固拒否なんですが(熱いし日焼けするから)、
海が見たい欲を抑えきれないです。
秋まで待てないようです。

(海がわたしのところまで来ればいいのに)

潮の香りってどんなだったっけ?楽しみです。
最近はそんな感じです。

   

さっき、なんとなく文章を書きました。1つだけ。
相変わらず下手くそですが、一応話の着地だけは出来たっぽいので、また明日にでも更新します。
忘れるかもしれませんが。そこはおおめに見てやってくだせい。

その後「更新が途絶えて~」とタラタラ始めてしまったので、
とりあえずこれだけ勢いで先に更新しますはい。

そういえば、事情が変わり、このブログのゴール地点が見えなくなりました。
この先どうしよう。
まあ、予定通りに行かないのが人生でありブログか。
いや、違うか?まあいいや。
そこまで悪くない近況報告が出来たから、いいか。
また放置プレイですねはい。

   

ちなみに、まだまだマスクさんです。
夏だけど。外す勇気はまだない。
口元サウナだと思って修行します。暑いぜ。
帽子は無しでも近所なら頑張れる。あったほうが落ち着くけど。

外出は最低限で、思ったよりも大きくは進んでいませんが、何も考えずにただ生きる日々です。
それはきっと、今のわたしにとって悪いことではありません。

随分と長くなりました。
標題通り、最近の(心の)口癖は「去年よりはマシ」です。




結局、この日に書いた別の文章は載せないことにしました。
見るに堪えないものだったので。(2017/08/14)


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

冷凍庫に、アイスクリームがあるではないか。

わたしは、甘いものがそんなに好きではない。
ただ、ごくたまーにアイスクリームを欲す。
先週、なんとなく欲し、なんとなく買い、そのまま忘れてしまっていたアイスクリーム。
あの時買ったアイスクリームがあるではないか。

昨晩、風呂に入らず眠ってしまった。
カラダ全体がオイリーなわたし。
カラダオイリーは心に影響を及ぼす。
心もベトベト。ココロオイリーさん参上中なのだ。

こりゃあイカン。
ココロオイリーな日は、食っちゃあ寝てしまうのだ。
このまま食ったら、即寝るぞ。
無駄に太るぞ。

心もカラダもサッパリしてからアイスタイムにするぞ。
そのほうが気分良く食せるはずだ。
そう意気込むわたし。

風呂、入るぞ。

「アイス」「アイス」「アイスクリーム」

アイスクリームのことばかり考えながら、じゃぶじゃぶした。

あれから数時間経つ。
髪を乾かし、サッパリした。気分が良くなった。
気分が良くなったから、外で振込の用事を済ませてきた。

そんで、今。






アイスの気分じゃない。

次に君を愛す(アイス)のはいつだろう。←おい、サムイぞ


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

昨夜は早めに寝入ったが、14時頃まで起きられず。
身体を起こして歯を磨いてみても、眠いのだ。
耐えがたい眠気。お布団に戻る。これを数回繰り返し、ようやくちゃんと目が覚める。

眠い眠い期に入ってしまったようだ。眠くてたまらん。

引きこもり脱出のための訓練が、おねむの原因だろう。
6年もの間、大して身体を動かさずに引きこもっていたのだ。
引きこもる前はなんのパワーも使わずに出来ていたことが、うまく出来ない。
ちょっとしたことですぐに疲れてしまう。おねむタイム突入となる。
少しずつ体力をつけていかねば。眠気も我慢せねば。

暗くなる前に、少しだけ遠くへ行って用事をこなす。
昨日のわたしが「明日にしよう」と思った用事。
今日も「明日にしよう」を許したら、前に進めない。
明日も同じモヤモヤがあるなんて嫌だ。
なんとか出掛けることが出来た。

最近、玄関でモジモジしている時間が減ってきた。
いいことだ。もうすぐだ。わたしは大丈夫になってきた。

お出掛け中、ぼんやりと考え事をするようになった。
ほんの少し前までは、ラジオを聴きながら、なんとか気を紛らわせていた。
今は、外の風にあたりながらリラックスしている。

一気に何もかも元通りにはならない。焦る気持ちを抑える。
少しずつ確実に進めばそれでいい。

「今さら?」と思われてしまいそうだが、自分の肌の白さに驚いている。
陽の光の下で見ると、こんなに白いのか。
今まで、そんなことを考える余裕がなかった。
色白に憧れていた。引きこもっている間に夢が叶ったのだな。ラッキーだ。
今は不健康な白さだ。次は、健康的な色白というやつを目指そう
見れば見るほど、ほんまに白雪のような肌やわ。

また来る。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

わたしが作ったいなり寿司の写真

いなり寿司を作って食べた。一人で作るのは初めてだ。

お米を炊くところから3時間もかかったぞ。
お揚げさんはレトルト食品を使ったのにな。
作り方なんて、混ぜて詰めるだけなのにな。

我が家のいなり寿司には、こんにゃくと高野豆腐が欠かせない。
じっくり煮込んだ後に、細かく刻んで酢飯に混ぜる。
それがこんなにも面倒だとは。
こんにゃくは煮込み過ぎて焦げた。

他にも何か入れるつもりだったが、白ゴマを大量に混ぜて誤魔化した。
うまくいかない時は、余計な事をしないに限る。

こんなに面倒だとは知らず、何も考えずにバクバク食べていたことを反省した。
家事をしている時は、そんなことばかり考える。

母はいまだに「お母さんは、お料理あんまり得意じゃないから」と言うが、そんなことはない。
美味しい。

誰かに料理を振る舞う時は緊張する。
この先も、わたしがそれに慣れることはないだろう。
母は、得意じゃないと言いながらも作り続けてくれた。
長い間。当たり前のように。
感謝している。

わたしの料理の腕は一向に上がらない。
一人暮らしをしたこともあるのに。
可もなく不可もなく。

いなり寿司の味はした。母が喜んだ。だから、まあいいか。


また来る。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ