引きこもり放談

30代間近の働けない引きこもりが、この生活を脱出するために色々やってみるブログ。わたしにも出来ることがあると思うんでね、色んなことをやってみたり書いてみたりします。時々ふざけたくなります。生きがいはラジオです。 脱引き訓練のリアルタイム更新は、諦めました。(もう、追いつけやしないから。)

タグ:母

   → 母の日だから プレゼントを贈ってみたの巻
   → 少しだけ働けるようになったから、家に入れるお金の話をした。母と。
   → 素晴らしき1勤30休 | 2017/1月 まとめ 後編 「言うたことはやる子・言うたことだけやる子」
   → 書くことについて
   → 引きこもり放談 漫画部 | 第2回 マザコン


結構早い段階で家庭が崩壊していたからなのか、
母の日とか父の日とか、そういうのには鈍感だ。

10年ぐらい前の母の日、小さなプリザーブドフラワーをプレゼントした気がする。
ただの気まぐれだったように思う。

自発的にやったのは、それ一度きりかもしれない。
あまり思い出さないようにしている。

なんとなく、今年は何かあげようと思った。

予算は1000円ぐらい。

30歳にもなる人間が1000円。

ここで大盤振る舞いをして後々小遣いを無心するくだりには、もう飽き飽きしている。
ヒモがプレゼント贈るのは、この世で可笑しなことNo.1だろう。(わたし調べ)
ワケが分からないだろう。
それと同じ状況になるわけで。

だから気持ちだけの1000円、ということで。
母の日のプレゼント探しを、外出の理由にしたかっただけで。

ほぐリラは、肩こり用
なんかあの玩具みたいだとは思いながらもスタイリッシュだから。
母はグラマーだから。
年中肩がこっているはずだから。

付箋と首に巻く冷たいやつは、100円ショップで購入。
付箋は仕事で使うかなぁと思って

水に濡らして首に巻くやつは、もっと長くてスカーフみたく縛れるのが売っていたが、却下した。
なんか、変だから。
短めのを選んでおいた。

これを、家にあったビニール袋に入れる
シールなんてものは持っていないので、養生テープでとめる

mothersday-present-2017-2.jpg
mothersday-present-2017-3.jpg

なんて貧乏くさいのでしょう。

わたしという人間に麻痺している母は、これでも喜んでくれる。
あら不思議。

ほとんど働きもせず飯をたくさん食い、
日々何をしているのか不明、
ついでに金の流れ先も不透明。
そんな屑に1000円ぽっちの物をもらって喜ぶ母。
母子とは、親子とは、本当に奇妙な関係だと思う。

母の日は、母への感謝を表す日だそうだ。

売れないバンドマンを支え続ける幸薄女性かのごとく、
母はわたしに尽くしてくれる。

早く売れて(毎日働いて)母の心を軽くしたいなぁと考える。

「感情表現を相手のために頑張る」ということが不得意だから、
意識的に行動で示す努力は続けていきたいと思う。

何年かかるかわからないが、母に堂々と海外旅行をプレゼント出来るような人間になる。
そうなるために生きている。
今は生かされているだけだが。
そうなる。なれる。なる。(まじないかけた)

「これで、定職をもたずともエサを貰えるはず。
 もう暫くの間は。」

そういった浅ましい心がないとは言い切れない、
ほんの数日前の出来事を書いておく。

また来る。














後日談
取材日時:今しがた

放談 「なぁ、ほぐリラの使い心地について聞きたいんやけど。」
母  「zzzzzzzぼぐりらってなに?」
放談 (笑 笑 笑 笑 笑)
母  「あ、あの塗るやつのこと?」
   「カバンに入れてあるやつのこと?」
放談 (それは知らんけど)
母  「あれから使ってないーzzzzzzzzzzzz」
放談 「かしこまりました。」

以上です。

放談ママのカバンに入っている商品。↑


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

母はわたしに激甘だ。
このブログを始めた頃から、わたしに何も言わなくなった。
話すこと以外は無理に知ろうとしなくなった。
信用とか安心とか、そんな気持ちをもってくれるようになったから、放っておいてくれるのだろうか。
いいように解釈している。

母はわたしに激甘だ。
今年貯めようとしている10万円も、頼めば出してくれるだろう。
今までも返しきれないほどの無駄金を使わせているのにも関わらず。
現に、春から始めるあることの為に ”洋服を買ってあげようか” と言う母。
「要らないよ」
わたしはそれを断った。

それじゃあアカンのだ。
わたしは今変わらなあかんし、変わりたい、変われそうなのだ。
わたしが気を確かにもっていなければ、母がいなくなった後、生きていけなくなる。

わたしはとても恵まれた引きこもりだ。
他の引きこもりの皆に申し訳なくなるほどに恵まれている。
このような状況を勝ち取ったのは 「"正直に思いを伝え、変わろうとする自分を見せる" ことをしたから」ではあるのだが、それにしても恵まれすぎている。
わたしは恥ずかしいやつなんだ。

激甘暮らしには、皆とは別の意味での恐怖がある。
心を磨き震わし続けなければすぐダメになる。のが見えている。ああ、こわい。

1日だけの単発アルバイトに行く前、
母に「これでもらうお金は使うあてがあるから見逃してもらえるやろうか?」と聞いた。
母は「今のあなたが得るお金は、命を削る思いで稼ぐ大切なお金。長期のお仕事に就いたら生活費を3万円くらいは家に入れてね。それまでに得たお金は自分で好きに使っていい。」と言う。
あんた仏かよ。

そう言ってくれているのだが…うん。うん…。
働いて稼ぐお金は全部命を削って得たものだろう?
わたしが稼ぐお金だけが特別なわけじゃないだろう?
だからモヤモヤしていたのだ。

けれども、今のわたしには毎月3万円を家に入れながら暮らす余裕はないわけで。
次に進むためのお金がたくさん必要なわけで。
先なんてハッキリと見えないわけで。

もう1度だけ、確認しておくことにした
前に言ってくれたことに甘えていいのかと。
わたしはそのつもりでいるぞと。わたしのやれるペースでしか動けないぞと。
ありがたいが、本当に、本当にそれでいいのかと。母に聞いた。
母はそれでいいと言ってくれた。

おそろしい環境に身を置いてしまっていることを再認識した。
フリーダム。「自由は不自由の始まりだ」と言い出したのは誰だろう。
吉と出るか凶と出るか。人生はギャンブルなのだ。
ヒリヒリする。
色んな人のせいにして引きこもり、人生を放棄していた時よりも、今のほうがヒリヒリする。
生きるために生きていくことを選んでからのほうが、行く末おそろしい。

母の選択が間違いではなかったと身をもって証明することが出来るのであろうか。
これはわたしの呼吸がとまったあとにしかわからないことだ。
やるしかないし、やってみせようぞ。乞うご期待。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

前編・中編もよろしくね。

まぁ、役に立つことは1つも書いてないがな。


2017/1月 目標(願望)達成状況

引きこもり脱出に関して

  • 単発のアルバイトに行く。1日でいいから行く。
    • ちょう単発アルバイトってやつに行ったぞ。言うたからやったぞ。

ブログ運営に関して

  • 書けたら書く
    • 書きたくなったから、1記事だけ書いた。
  • URLを独自ドメインに切り替える。
    • したぞ。言うたことはやる子や。パワーアップしたんや、わしは。
      これは1月5日にやったぞ。そんなに難しい作業ではなかった。
      ライブドアブログさんには、ええ機能がついとるからな。旧URLからのリダイレクト設定もチャチャっと完了や。

      あとは、Googleサーチコンソールでおまじないをかけておいた。
      GoogleにインデックスされとるURLが徐々に変更されとる。
      インターネットって、面白い仕組みがいっぱいあってワクワクするなぁ。

  • ブログ統合
    • このブログは、人に見てもらうの前提でやっとる。
      まぁな、見る側の手間を考えたら、統合したほうがええわと思った。
      もっと悩んでもよかったんやが、このことをいつまでも悩むんは時間の無駄やわな。
      だから、さっさと決断した。
      「遣らずの雨」の記事は全部このブログに落とし込んだ。

      しょうもないブログとしょうもないブログが合体して、さらにしょうもないブログになりましたという話や。

  • 家にあるプリンターでイラストのスキャンが出来るようなので、今までの画像を全部差し替える。
    • やったはずぞ。やるって書いたん後悔するくらい面倒やったはずやぞ。だって、これを書き終わってから取り掛かるから!
      でも、言うたからやったぞ。きっと、この記事が更新される2月2日の22:00までにやり遂げたはずや!
      デジカメでパシャ―より、スキャンしたほうがええね。満足した。と思うはずや。
      2日オーバーしたが言うたことはやるんや!
      ただ、わたしは”言うたことしかやらんやつ”なんやということも、最近ようやく解ってきた。

      目標設定難シイ!生キヅライ!ワタシメンドクサイ!


  • は?来月末の更新に困らぬよう、ウフフと笑って許してもらえるような新しい言い訳を考えておく。
    • なんでこんな判断に困るようなことを書いたんやろうか。馬鹿なのか?
      そうだ。きっと馬鹿なんだよ。その場の勢いってこわいよう。


    心境の変化

    迷いが増えてゆくならば、ドボンと飛び込んでしまう。そうすれば、どこかにたどり着くはずや。
    人生という迷路には、ちゃんと出口がある。そう信じとる。
    「迷うなら、やる」
    そのような決断をする人間に進化しつつある。
    自然とそうなってきた。ことに気が付いた。ちょっぴり嬉しい今日このごろ。


    2017/2月のゆるい目標(ほぼ願望)

    引きこもり脱出に関して

    短期アルバイトを休まない。

    嫌な人がいても、真正面からマイナス風を受け止めない。心の傘でバリア張ってみせるで!
    嫌な人の残像は帰り道にポイする。毎日忘れてさしあげる。
    身体がしんどくても(インフルエンザっぽい時以外)1度出勤して「ウチ、カラダシンドイネン」って言う。

    それさえ出来たら他は何もせんでいい。
    たった数日のことや。ちょっとだけ、ちょっとだけ無理をしてみせるぞ。
    と書きながら震えとるわたし…。

    ブログ運営に関して

    書けたら書く
    ”書きたい時にしか書かない。きっと書かない。”という意

    短期アルバイトを決して休まないことが最優先だから、気力体力ともに消耗しないように気を付ける。


    埋まっていくだけのネタ帳(やっぱり、それはきっと良いこと…)

    感じたことを事細かに記録しとるから、ネタは潤沢じゃ。
    真正引きこもりになる前から、考えごとが好きなんじゃ。

    今は訓練やらなんやらで、いっぱいいっぱいや。
    だから、もっと心の余裕が出てきたころに「やってみた」「行ってみた」の続きを書くことにした。シフトチェンジや。

    あれ、めっちゃ時間かかるんやわ。あんなしょうもないイラストだけで何時間もかかるんやわ。
    「ブログを一生懸命にやると、物理的に外に出られんくなるがな、本末転倒やがな」と言う結論に達したのよ。
    融通がきかんタイプの人間やから、適当にはやりたくないんよ。
    ほんまはリアルタイムで見守ってもらうつもりやったんやが、無理やわ。許しておくれよ。
    言いわけおしまい。

    月末の振り返りは大切やと感じているから、これからも長ぇまとめは続けていく。
    まとめ記事の更新も無理やと感じたら、またそん時のわたしと相談するわ。そういうことや。


    決定事項

    コメント欄を閉鎖

    昨夜、コメント欄を閉鎖した。
    コメントが気になって1日に何度も見にきてしまうゆえに。
    今までわざわざコメントをくれた人、ありがとう。励みになっとった。
    悲しい気持ちになるようなことを書く人もおらんくて、ありがたかった。
    今後は更に一方的なブログ運営をしてゆく。コメント欄を開放することは、もうない。
    よろしく。


    今年もよろしくな

    新年の挨拶はしなかった。おめでたくない人もおるやろうし、なんて書いていいかわからんかった。

    頭がパッカーンとなっていた時期は、「頑張れ」以外にも「~おめでとうございます」という言葉にキリキリしとった。
    他意などあるはずもないのに、「なにがめでたいんじゃボケ!」とやたらとブチ切れていた。
    どうしよかねぇとモヤモヤ考えとる間に今日ですわ。
    おいしいお餅=茹で+きな粉+砂糖ですわ。

    月末まとめはお喋りする感じで書いとるからな、なんぼでもグダグダ伸ばせるんや。
    でも、もうおしまいにしとくわな。
    イラストのスキャンせなあかんからな。

    遅くなったが、今年もよろしくな。

    わたしは時々ここにおる。今は引きこもりを休業しとるんや。じゃあまたな。


    ブログランキングに参加しています

    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
    にほんブログ村


    ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

母とは、主に手紙やメールのやりとりをしている。
お互い、瞬発的なやりとりでは誤解が生じやすい人間だ。
暗黙のなんちゃらなのか、書き言葉の会話のほうが多い。

わたしは、このやりとりを気に入っている。
丁寧に関わることが出来るからだ。

うちは色んなことがあった。
だから、和解したとは言え、どこかよそよそしい。
このまま母の最期まで、仲良し親子にはなれないかもしれない。
それでもいい。
気を遣い合いながらでも、お互いの気持ちを伝えることが出来るようになった。
そんな日は来ないと思っていたから。もうそれで充分だ。

書くことを勧めてくれたのは、母である。
手紙やメールのやり取りの中で、わたしの文章を褒めくれた。
立ち直るきっかけを見つけられるまで書き続けてみては、と言ってくれた。
親心から出た褒め言葉だろうが、真に受けてブログを立ち上げた。

昔から文章を書いていた。
ブログをやってみたり、物語を書いてみたり、そんなことばかりしていた。
ただ、得意ではなかった。好きだとも言えなかった。
わたしは、自分の考えを相手に伝える行為に苦手意識がある。
会話でも、文章でも。
どうしてうまく出来ないのだろう。
苛立ちながらも、書くことだけはやめられなかった。

先月ブログを立ち上げてから、感じたままに書いている。
不思議と、苛立ちはない。
引きこもり寛解期に入り、今までで1番穏やかな自分を手に入れた。
知らぬ間に、文章も変わったのだろうか。

美しい言葉をただ並べるだけでは、自分の心が消えていく。
そんなものは、美しい文章ではない。
文章のうまさ・美しさは形のないもので、そればかり考えると息が詰まる。
このような場では、自分が感じたことをわかりやすく伝えることさえ出来ればそれでいい。
そんな風に考えるようになった。

何を伝えたいのか、どうすれば最後まで読んでもらえるのか。
ほんの少しでいい、どうすれば、わたしという人間を想像してもらえるのか。
その気持ちがあればいい。

今はまだ、思い通りに書けているとは思えない。
書くことは難しい。けれども楽しい。
わたしは書くことが好きだ。今ならそう言える。
この年になって、新しい自分を知ることになるとは。

書き続けながら、道を作りたい。自分の文章というものを知りたい。
書きながら、わたしの毎日も変わってゆく。
きっと、そうだろう。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

この4コマ漫画のタイトルを筆ペンで書きました
母の仕事は忙しく、幼いわたしは寂しかったです。漫画1コマ目はその様子を書きました
2コマ目は反抗期のわたしが「ババァ、ノックしろよ!」と怒る様子を書きました
3コマ目はわたしが真性引きこもり時代のイラストです。「こうなったのは全部お母さんのせいだ」と言いながら毎日泣いていました。人のせいにしてはいけないはずなのに。
4コマ目は、昔の自分を思い返しているわたしの様子を書きました。結局わたしはお母さんのことばかり考えているんだなと思いました

マザーコンプレックスとは、母親に対して子供が強い愛着・執着を持つ状態を指す。なお、これは正確な心理学用語ではなく和製英語の俗語である。俗にマザコンとも略され、この場合、母親に強い愛着・執着を持つ子供のことも指すことがある。

引用元:マザーコンプレックス
「マザーコンプレックス」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 2016年7月10日 (日) 21:51(日本時間)

思い起こせば、わたしは母のことばかり考えてきた。
”病める時も健やかなる時も”と誓ったことはないが、
とにかくずっと母のことばかり考えていたのだと気が付いた。

今さら公言しなくても、ブログを読んでくれている人には分かることだろう。
わたしは極度のマザコンである。

引きこもり寛解期に入り和解したことで、子供返り真っ最中だ。
30代間近のわたしに急激に懐かれても戸惑うだろうから、心の中でそうしているだけだが。

母とは、この年になるまで上手く関わることが出来なかった。
まぁまぁしんどかった。
母もしんどかっただろう。
少し前にもらった手紙には「何も話さない子だなと思っていた」と書いてあった。
よくわからない子だわ、引きこもりになるわで、ずいぶんな気苦労をかけた。

ようやく、心を通い合わせることが出来るようになったのだ。
小さな子供のように「お母さん、お母さん」と呼んでもいいだろうよ。
笑うんじゃねぇ。

開き直るという行為は、時として危険である。
ただ、これに関してだけは、誰に何と思われようが構わない。
わたしはマザコンだ。

過ぎた時間はもう戻らない。でも、後悔するのは止めた。
母と過ごすこれからの時間を大切にする。
なんか文句あるか。よし、無いな。


※漫画部 部員募集の予定はありません。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ