夏への恐怖心を抑えるために書きました。
最初のやつだけ読んでくれたらいいです。
どうしても暇だったら、他も読めばいいと思います。

夏が嫌い(短い)
奇文のあれこれ(長い)
夏鬱(長かないけどダルい)

「夏が嫌い」

夏が嫌いだ。
「夏が好きだ」という人のことも、正直言うと嫌いだ。
「暑いからって家に籠ってちゃあ、心も晴れないよ!」
うるさい。わたしの心は通年曇り時々雨なんじゃ。
ちょっとした晴れ間が余分に嬉しくて、それの何が悪いんじゃ。
愚痴を言わんように、心因性迷惑をかけんように、
そもそもあんまり喋らんように、ヒッソリと生きてるんやから放っておいてくれ。
暖かくなると急激に踏み込んで来る感じ、やめて。
お前ら側からも壁守って。
元気のおすそ分けは不可能。根性論は我が身で発着してください。
あと、曇りや雨が不幸せって誰が決めたん。
わたしは雨が好きで、夏とお前らが嫌い。

「奇文のあれこれ」

暑さに気がつく頃~夏にかけては毎年ピークにローゼなので、上記「夏が嫌い」のように思う。
そのくせ海には並々ならぬ興味を持っており、困りもの。
去年も結局行けず。そのことがローゼを加速させた。

※「ローゼ」ノイローゼのこと

最近「奇文」というよくわからないものを更新し始めた。
随分前から書いてたけど、誰にも見せなかった。
成人前後から時々。ここ数年は激しく。
更新し始めた表向きの理由は、恥をかくことへの恐れを克服したいと思ってのこと。
ちゃんとした大人とかいう人への返答はこう。

本音を言えば、
この期に及んでいい子ぶっている自分に辟易したとのこと。
あとは3つに分けてこのままボヤっと書いておく。

ひとつ
本当は、もっと文章が上手く書けるようになったら、ああいうものだけを出し続けようと思っていたこと。
文章が上手くなりたいなら恥を書きながら見せ続けたほうがいいって知っていた。
わたしは自分の感性を信じている。
企画力100点・他は表現力や人間性含め全部0点。
乗×法=0点
謎の過信と、母がくれる餌のお陰で生きている。

ひとつ
自分自身は必要以上に目立ちたくなくて、自分の考えたものを面白いって言ってくれる人が沢山欲しいこと。
「俺おもろいやろ?」じゃなく「コレおもろいやろ?」やねん。
この気持ちをわかってくれる人は、どこかにいると思う。
ただ、今の時代にそれは物凄く難しい。とにかくやるしかない。
文章が上手いって何?現時点でどうでもいいわ、そんなん。
それは平均点が85超えてる人間が考えること。
このブログだって、その後白紙で立ち上げ直したらいいやん。

ひとつ
怖くて心を開けっぴろげにできなかったこと。
このままじゃあ引きこもる前と何も変わってないこと。
それじゃあ、オリジナル根性論で生きなおし始めたのに勿体ないってこと。
これじゃあ、それじゃあ、死ぬのが夢みたいになってしまうこと。

らすまえ
死ぬまでに時間ではなく能力をお金にかえる人になれたら、
そのお金でカッコいいバイク(新品のカブ)が買えたら、
「あの人乗るより磨いている時間の方が長いね」なんて近所の噂好きオバドルに話題を提供出来れば…
それがわたしの望むタラレバ。幸せとかいうやつ。
そんなところ。もっと自虐的に言えば、サブカル精神、わたしはそういうお化け。
せっかく始めたばかりなのに、もうすぐその更新が大幅に途絶えるだろう。

おーらす
毎年、読者20人前後のこのブログにすら載せられないような怖い文章を80個くらい書いた頃、ようやく夏が終わる。
もうそれが始まりつつある。
今年は早過ぎんか。アレもソレも、とてもここには載せられない。
引きこもり初期からそんな感じ。
許されるのならば、奇声をあげたりシクシク泣いたりしながら過ごしたい。
それぐらい夏はローゼ。
苦痛ではない。楽しいかと聞かれたら口ごもるけど。
わたしは非常に面倒な生き物だ。
自分でも面倒で仕方ないから、奇妙だったり怖い文章を書いて心を落ち着かせている。
ブログに載せてもよさそうなものを書いたら、ヘタッピだけど更新しちゃうぞ。
情緒不安定かよ。
今日も感情をまとめられず。

「夏鬱」

冬鬱という症状はよくあるものらしい。
冬は日照時間が少ないため、体内でアレコレの分泌が減少し、気分が落ち込みやすいそう。
このことを知り、ああなるほど、わたしの不思議も解決。
するのだろうか。

わたしは一見愉快であろうとしている憂鬱な人間だ。
自分でも何を言っているのかよくわからないけど。
夏は酷く鬱々する。ローゼ。
外に出ないから、日光を浴びないから。
わたしは冬の方が外出る人なんやわな。

春が過ぎて夏が来る。もうすぐまた気分がズトンと落ち込むのだろう。
用心とか小さな覚悟をして臨もう。
考えるだけで、やはり何もしないけど。

そういや、いやいや、じゃあなんで?あれ?
ガチ引きの時なんて、季節関係なく日光浴びてませんやん。
カーテンも開けてませんやん。
クーラーバッキバキに効かせて快適ですやん。
なんで夏だけいつも余計にローゼなん?

やっぱいいや。
具体的なことをマゼコゼすると、わたしの世界は丸ごと混乱する。不得意。

外に出るようになってから2度目の夏に向けて。
相変わらずアルバイト以外は家にずっといる。
買い出しや散歩の時間は減った。次に進むための時間に充てているのである。
体力や精神力には限りがあるのだ。
実情はずっと寝てるだけだ。
たまに勉強してる。深夜にボタンを押してガソリンを出す仕事を追加したい。
外に出ようと思えば出られるから。無理に出なくてもいいやって。
夏が来て、またどうしようもなくても、書き物したり冷房の温度を下げたり寝たりしとけばいいやって。

何鬱でもいいから、生きてりゃまた紅葉が見れるし、それでいいです。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング