モルモットを触らせてもろた。
モルモットはテンジクネズミの一種。
大人しくて柔らかくてあたたかいげっ歯類。

掴み上げていいらしいけど、
(そんなん初対面の人間にされたら憤慨やろ)
(えげつない辱め)
(驚かせてしまいそうでこわい)(こわい)
とのことでナデナデしたり、その昔尻尾が生えていたとされる尻周りをコリコリさせてもろた。
それはそれで嫌だったと思う。ごめん。ありがとう。

わたしは動物が好きだ。
人間もヒトという動物だけど、このブログではヒト以外を動物と呼ぼう。
動物とは無理に人の言葉でやりとりしなくてもいい(出来ない)し、わたしが嫌なら懐かない(無視)というシンプルさ。
それが動物を好きな理由かね、と考える。
”かわいい”は”わかりやすい”なのかもしれない。
そう思う夜もある。

静かに刊行され続ける「いぬのきもち」「ねこのきもち」
言葉で通じ合えないなら、健康管理用の知識を得る必要有。
しつけも多少は必要。
互いの共存しようという姿勢が、良い暮らしを維持させる。
どの口が言うとるか
だからそれはいい。その解説だけならいいんだ。

犬猫の言葉を人語に変換する機械が発売された時、メロス(わたし)はとうとう激怒した。
DAwREeに許可とって商売しとんねん」
「どうやって確認した情報なんや」
「愚か者めが」
怒りより恐怖心のほうが勝っていたのだけれど。

AI技術が今よりもっと進歩して、動物の神経にチップを埋め込んだりして、
そうなれば動物たちが人語を話すように…

最悪。最悪の展開だ。

あと、だから、どないして正誤を示すねん。
開発者の中に元動物がおって、前世の記憶があるんか。
そういうテイなんか。

そうやったとしても、おかしいやろ。
機械やのに正確さ無視してええんか。
なんの伝言ゲームやってんねん。こわいぞ。

動物が人語を話すのは創作の中だけでいい。
新しいものを拒絶しとるわけじゃない。
知らないほうがよいことだってある。
それがわたしのおもい。

これは足成さんから借りた写真↑

そんな話はさておき。
動物園に行った。
人の言葉を話さない動物が沢山いる天王寺動物園に。
昨年9月、山遊び以来のお出かけイベント。

結局ブログに書いてないけど、それは今関係ないことデス。

わたしはワライカワセミが好き。
なんや動作の前に身体が少しぷくっと膨らむ瞬間がカービィみたいでかわいい。

ワライカワセミは横顔がたまらなくかわいい。

たしはメガネフクロウが好き。
どれだけソソソと近づいても、わたしが正面に立つとクルっと顔を後ろに見やる。
そのままじーっと見ていたら、正面を向きなおすけど、またクルっとする。
嫌われかわいい。メガネフクロウの前でだけは、無いモノとしていたマゾヒズムが花開く。

わたしはサイが好き。
(サイか…)

単独行動が好きなんか。
共感・共鳴・シンパシー。
そういう好き。
投影愛とかいう1番めんどくさい感情。

かなしいからやめなさいよ。

たしはヘビが好き。細身のヘビ。
ぶっといのはこわい。
猫のшがかわいいと言うが、ヘビのшもよく見てみ。
かわいい。上品。

たしはフラミンゴが好き。
鳴き声が思ってたのと違うランキングNo.1のフラミンゴ。

あれは、食べ物で色付いとるらしい。
わたしがフラミンゴだったとしたら真っ茶ッ茶(珈琲ミルク1つ)になるだろう。
不思議かわいい。

わたしはこのホッキョクグマが気がかり
延々同じ動作を繰り返していた。壁向いて。
クマじゃなく自分の行く末を気にかけろとか言いなさんなよ。
動物にも色んな生涯がある。うみうまれ育ちを選べないのは人間と同じ。

二ホンキジ。
わたしはコッソリ”男爵のツレ”と呼ぶことにした。

auのCMに出演していたシュッとした感じのやつじゃないけど、
天王寺動物園にも二ホンキジがいたよ。

わたしはスペインイモリが好き。
天王寺動物園に行く機会があれば、じっくり見てほしい。
お顔も動作もチャーミング。ちいさい。
「敵におそわれると…」のやつは、生涯で1度しか使えないのだろうか。
そうだとしたらロックだな。好き。
あえて調べないことにする。教えてくれるな。

たしは特に爬虫類が好きなのだ。
詳しい生態とか正式名称とか、ようわからんまま好き。
(カエルは色柄による)
普段は動作がおっとりしているし、表情らしきものは柔らかくてかわいい。
爬虫類の暮らしぶりの話しをするとしたら「所作」という言葉を使いたくなる。
関西人がよくいう「シュッとしてる」というやつ。
アレがソレでコレ。

想像よりもヌメヌメしてなくてゴムっぽいところも好き。
怒らせてしまったらもう、それ相応に気持ち悪い姿に変形するのもいるし。
ごめんスミマセンほんまにもうしわけございませんでした!ってなる。
とてもおもしろかわいい。

1年以上前のやりとりだけど、鮮明に覚えている会話。
わたし「イグアナはかわいい」
はは「それは、出て行ってもらわなあかんことになる」
行間読み飛ばしすぎやろ。
爬虫類を連れて帰ったら破門やろな。

そう言えば、そう言わなくとも、わたしは飼われている身。
いまだ自分を飼いきる金すらない。
動物はかわいいという仕事をやっている。
わたしは「要らん事を言わない」ヒトでありたいと日々思う。

ヒト科:ムショク
プライドダケハダレヨリモ類


わかりやすいのに全然かわいくない。
働け。

また行く。
行ける場所増えた。
そこが行きたい場所でもあったのだった。
ここにも、また来る。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもりランキング